古銭の種類とその価値

古銭というものの意味は、『近世以前に使用されていた古いお金で、過去に通貨として使われていたが、現在では使われていない貨幣のこと』を、指します。
そのため、一口で古銭、といっても世界中に無数の古銭が存在します。
日本においても、古銭の歴史は、8世紀に鋳造された「和同開珎(わどうかいちん)」から始まっているとされています。
なので、一概に古銭といっても種類が多くあるため、その古銭ごとに価値の高い、低いが付けられています。
このように古銭とは、はるか昔から存在しており、その時代ごとに鋳造された貨幣なので、その種類も多岐にわたり、現在における価値も保存状態や鋳造年数や鋳造枚数により変動するため、古銭の鑑定士さん等に鑑定してもらうのが確実に価値を知れる方法だと言えるでしょう。

古銭の売り方と売る時の注意点

先に言ったように、古銭には種類が様々あり、素人がその価値を判別するのは非常に困難です。
そのため、古銭の所有者である売り手が、その古銭の価値がわからないため、非常に低価格で買い取りをしようとする悪徳業者も存在します。
悪徳業者に引っかからないためには、まず、複数の専門業者に見積もりを出してもらうことが肝心です。次に、もし、査定してもらった古銭の中に、額面よりも価値が小さい古銭があったのなら、銀行に行って両替してもらいましょう。額面と同じ価値の紙幣、硬貨に両替してもらえます。また、古銭の価値は鋳造年数、鋳造枚数にも左右されますが、その古銭の保存状態でも価値の高低がついてしまいます。なので売りたい古銭がある場合にはそれ以上保存状態が悪化しないようにしてあげることも必要となります。
古銭を売りたい場合は、悪徳業者に引っかからないように、複数の専門業者に査定をしてもらうこと、保存状態になるべく気を付けてあげることに注意しましょう!