大判小判なら数千万円の値が付くことも

古銭と一口に言っても、その種類は千差万別です。安いものは百円程度の価値しかないのですが、高いものに関しては数千万円の値段が付けられることもあります。現在日本で最も高い値段で買い取りがされるであろうものは、大判小判と呼ばれるものです。
いわゆる金貨であって、昔話などにもよく出てくる例のあれです。中でも慶長大判金や天正大判金と呼ばれるものは質もよく希少性も高いということで、五千万円以上の値段で買い取りされることがあります。古銭と言っても高いものは本当に高い値段で取引がされるので、侮るわけにはいきませんね。さすがに大判小判までは行かなくても、他にもレアな古銭はいくらでもあります。運良く自宅で見つかれば、一財産を築くこともできるレベルです。

近代紙幣でも物によっては数百万円になる

古銭と言うぐらいですから、もちろん古い方が価値が高くなる傾向があります。しかし、近代の紙幣であっても希少性が高いと認められるならば、高額な値段で取引されることがあるのです。
具体的に例を挙げれば、旧国立銀行券がありますね。二十円の紙幣なら800万円近い値段で買い取ってもらえるので大きいですね。他にも数百万円レベルのものはいくつも存在しています。近代のものだからといって捨ててしまってはいけません。もし見つかったら、然るべき場所で売却をするといいでしょう。
オリンピック記念メダル等も、元々の値段の数倍で買い取ってもらうことができます。何か記念メダルが売りに出されるようなことがあれば、買っておくと数十年後価値が出る可能性はあります。